Apple

iPad画面をPCモニターに外部出力する方法と必要になるもの

先日行われたiPadOS 16のアップデートでついに正式に外部出力のアップデートがサポートされました。

これまでは、外部出力できたとしてもアスペクト比が自動で変わらない(サイドに黒帯ができる)などして使いにくかったのですが、PCの外部出力と同様にフル画面の出力に対応したことやステージマネージャの機能が追加されるなど、iPadでもPCのような使い方ができるようになりました。

この記事ではiPad画面をPCモニターに外部出力するための設定方法を紹介します。

外部出力する際に揃えた方がよいもの

iPad画面を外部出力する際に合わせて揃えた方が良いものについては以下になります。

iPad画面を外部出力する際に必須なもの

  • PCモニター
  • USB Type-Cケーブル

iPadを画面外部出力する際に揃えた方が良いもの

  • USBハブ(PCモニターがUSB type-Cに対応していない場合にHDMI出力するために必要)
  • HDMIケーブル(PCモニターがUSB type-Cに対応していない場合にHDMI出力するために必要)
  • キーボード
  • マウス

PCモニターに外部出力する方法

とくに細かい設定は不要で、iPad本体とPCモニターをUSB Type-Cケーブル又はUSBハブを介してHDMIケーブルと接続すれば、自動的に外部出力することができます。

設定変更

ディスプレイの配置と表示設定

[設定]アプリの[画面表示と明るさ]から、認識している外部出力先モニターの設定と画面配置の変更をすることができます。

認識してる外部出力先モニターの設定画面を開くと拡大表示の有無やHDR・SDR等の変更をすることができます。

[配置]では、ディスプレィ位置やミラーリングの有無を設定することができます。

僕の場合は、外部出力先モニターの下にiPadを配置しているのでiPad上部に外部出力先モニターを配置しています。

また、ディスプレイを有効に活用して情報量を多く表示させたいので、ミラーリングしないようにしています。

[配置]設定については、自分自身のディスク環境や使用用途によって変わってくる設定になります。

ステージマネージャ

「ステージマネージャ」には主に以下の2点の機能があるため、PCに近い使い方ができるようになります。

ステージマネージャの機能

  • 起動中のアプリウィンドウのサイズ変更・画面内の配置移動
  • 複数のウィンドウをセットごとにまとめて左端に最小表示させておき、すぐに切替できる

また、2022年12月現在対応している機種については以下になります。

ステージマネージャの使用できる機種

  • iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代以降)
  • iPad Pro 11 インチ (第 1 世代以降)
  • iPad Air (第 5 世代)

外付けのディスプレイに App やウインドウ移動可能な機種

  • iPad Pro 12.9 インチ (第 5 世代以降)
  • iPad Pro 11 インチ (第 3 世代以降)
  • iPad Air (第 5 世代)

[設定]アプリの[ホーム画面とマルチタスク]から、[ステージマネージャ]を選択します。

[iPadでステージマネージャを使用]で使用有無を変更することができます。

また、iPad本体と外部ディスプレイで「最近使ったAPP」の表示有無や「Dock」の表示有無を変更することができます。

まとめ

とくに難しい設定は不要で、対応機種でしたらケーブルを接続すれば簡単にiPad画面をPCモニターに外部出力することができます。

まだまだ、使いこなせてはいませんが複数のウィンドウを見ながらのマルチタスク作業が多い僕にとって、外部出力が正式にサポートされたことでiPadのみでやりたいことを完結できるようになる日も近そうです。

-Apple
-