iPad

これだけは覚えておきたいMacやiPadで使用するショートカットキー

2020年6月9日

この記事では、MacやiPadで作業を効率化するためのお勧めのショートカットキーについて紹介します。

MacやiPadには様々なショートカットキーが用意されていますが、全てを覚える必要はありません。

もちろん、全てのショートカットキーを覚えしまい場面に合わせて使いこなせるのが一番良いことだと思うのですが、全て覚えると時間や体力を使用して大変なので、よく使用する物のみをまずは使いこなせるようにしてから徐々に使えるショートカットキーを増やしいくのがベストだと思います。

そこで、今回は必ず覚えでおきたいショートカットキーを厳選して紹介します。

基本的なショートカットキーの使い方

MacやiPadの場合は、[command]キーを押しながらショートカットキーを使用します。

Windowsの場合は、[Windows]キーを使用しながら使用するのでiPadやMacとの違うポイントです。

ショートカットキーを使う理由

ショートカットキーを使用する一番の理由は作業の効率化です。

例えばですが文章をコピーする際に、マウスでコピーしたい箇所を選択して右クリックしてコピーを選択するよりもショートカットキーの[command]+[C]を押した方がワンテンポ早く操作を行うことができます。

マウス無しでも操作ができるので、キーボードから手を離す必要がないこともメリットの一つです。

これだけは覚えできたいショートカットキー

コピー

一番よく使用するショートカットキーが、ファイルや文章のコピーで使用するショートカットキーです。

覚え方は、「コピーのC」と覚えてください。

ショートカットキー

[command]+[C]

貼り付け

貼り付けもよく使用するショートカットキーです。

覚え方としては、「Cの隣にあるV」と覚えてください。

「Pastingのp」ではないので、注意が必要です。

ショートカットキー

[command]+[V]

切り取り

切り取りも使用頻度の高いショートカットキーで、文章やファイルを切り取って別の場所で使用する際に使用します。

覚え方としては、「Cの隣にあるX」と覚えてください。

「CutのC」ではないので、注意が必要です。

ショートカットキー

[command]+[X]

全てのウィンドウを隠す

全てのウィンドウを隠して、ホーム画面を表示させる際に使用します。

アプリをたくさん開いてしまった際に、画面を一度クリーンにしたい時によく使用します。

覚え方としては、「HomeのH」と覚えてください。

ショートカットキー

[command]+[H]

ショートカットキーの一覧表示

[command]キーを長押しする事で、今開いているアプリで使用できるショートカットキーの一覧を表示することができます。

ショートカットキーを忘れてしまった場合や、便利なショートカットキーを探す際にすごく役に立ちます。

ショートカットキー

[command]長押し

まとめ

全てのショートカットキーを覚える必要はありませんが、日常生活の中でよく使用する操作はショートカットキーを覚えておくことで作業の効率化をすることができます。

慣れないうちは覚えるのが大変かもしれまんせが、覚えてしまうと便利なので是非活用してみてください。

 

お問い合わせ

-iPad

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.