カメラ

MINOLTA「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」は旅行や散歩に使用できる万能Aマウントレンズ

少し前にMINOLTAのα-7を購入してデジタルカメラとは違う写真が撮れることに感動して、最近では持ち運ぶカメラがフィルムカメラに変わりました。

MINOLTAのα-7については、以下の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
令和の時代にMINOLTAのα-7を購入(フィルムカメラ)

最近、以前から欲しいと思っていたMINOLTAのα-7(フィルムカメラ)を購入しました。 令和の時代にフィルムカメラ?と思うかもしれませんが、最近本体値段が高騰してきていることや状態の良い個体が減って ...

続きを見る

今まで使用してきたレンズはMINOLTA 「AF 50mm F1.4」の単焦点レンズだったため、旅行や外出先に持ち出してマルチに使用できる標準レンズが欲しくなり、今回「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」を購入しました。

購入したきっかけは、「ミノルタα-7完全攻略BOOK」で本日紹介する「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」が表紙で使われていたことでした。

[itemlink post_id="9303"]

この記事では僕が「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」を選んだ理由と作例について紹介をします。

選んだ理由

  • 旅行先や外出先での荷物を減らすために標準レンズが1本あると便利だと思った
  • 軽量コンパクトなため、持ち運びやすくで大きさのバランスがα-7に丁度良い
  • 中古価格が安く購入しやすい(中古相場で1万円前後)

スペック紹介

スペックは以下になります。

スペックについて

  • 対応マウント:Aマウント
  • レンズ構成:11群12枚
  • 焦点距離:24~105 mm
  • 開放F値:F3.5-4.5
  • フィルター径:62㎜
  • 重量:395g

使用した感想

α-7とのバランスが良い

α-7本体と組み合わせた重量は1058gになるので、軽量に持ち運ぶことができます。

現在のミラーレスカメラと比較してしまうとレンズ込みで1㎏を超えてしまうので、重たく感じてしまうかもしれませんが、フィルムカメラの一眼レフで1kg前後なことを考えると十分軽量だと思います。

またレンズ自体の長さについても8㎝とコンパクトなので、レンズを装着したα-7とのバランスも良いです。

最近のレンズと比較してもコンパクト

左側のレンズが、普段私がSONY α7RⅡで使用している現行Eマウント用のSEL24105G(24-105mm F4)になります。

比較すると「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」がコンパクトなことが分かります。

同じ性能ではないので一概には比較できませんが、SEL24105Gが663gなのに対して「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」は395gしかないので手に持った時の重さが全く違います。

24mmから105mmまでを1本のレンズでカバーできる

24mmの広角から、105mmまでの中望遠をカバーできるレンズです。

そのため、旅行などの外出先ではこのレンズ1本あればほとんどのシーンを撮影することができます。

単焦点レンズのように特別に明るいレンズではありませんが、1本持っていれば気軽にスナップ撮影を行うことが可能です。

スナップ撮影をしたい時や外出先での荷物を減らしたい時にはこの「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」を使用することが多いいです。

価格が安い

2000年 9月 に発売されたレンズのため、2021年現在では新品で購入することはできませんが、中古市場では6000円前後で購入することができます。

ちなみにですが、「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」はMINOLTAのα-7と同時に発売されました。

当時の発売価格が60000円だったので、現在の価格は約10分の1になっています。

約20年前のレンズということもありますが、最近のSONYはミラーレスカメラに移行してしまったため、Eマウントレンズの発売が主流でAマウントレンズは人気が無く価格がすごく安くなっています。

もちろん、「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」はα-7を使う方にもおすすめできるレンズですが、これからMINOLTAのAマウントカメラを購入してフィルムカメラを始める方にもおすすめできるレンズだと思います。

作例

作例について紹介をします。

【24㎜広角側で撮影した作例】

【60㎜の標準側で撮影した作例】

【105㎜の望遠側で撮影した作例】

【スナップ撮影した作例】

まとめ

「AF ZOOM 24-105mm F3.5-4.5D」は広角側から中望遠まで使用することが可能な万能レンズです。

そのため、旅行や外出時に持ち運ぶレンズに迷った時は、高確率でこのレンズを持ち出すことが多いいです。

とくに変な癖もなく、目で見た景色をそのまま描写してくれる素晴らしいレンズなので、MINOLTAのAマウントカメラを購入したら最初の1本目のレンズとしてお勧めです。

購入する際は20年前の古いレンズなので、動作やカビ、汚れなどがないかを確かめてから購入するようにしてください。

-カメラ
-