家電製品

DENONの「DP-200USB」を購入。書斎にレコードプレイヤーがある暮らし【レビュー】

最近自宅で過ごすことも多くなり、以前から購入したいと考えていたレコードプレイヤーを書斎に導入することにしました。

最近は定額制サービスやYoutubuがあるため、CDやレコードを買わない時代になりましたが、以前カフェで聞いたレコードの音の心地よさが忘れられずに今回購入することにしました。

購入したのはDENONから発売されている「DP-200USB」です。

レコードプレーヤーは各社から様々なモデルの物が発売されていますが、その中から「DP-200USB」を選んだ理由としては価格とデザイン・サイズ感からです。

同じ価格帯でSONYから発売れている「PS-LX310BT」はBluetooth接続ができるので悩んだのですが、ワイヤレス接続は使用しないので、サイズがコンパクトな「DP-200USB」を今回選択しました。

また、普段からDENONのプリメインアンプ(PMA-600NE)を使用していて気に入っていたことも購入した理由の1つです。

[itemlink post_id="10013"]

使用して良かった点

  • 高級感があり、デザインがカッコイイ
  • USBメモリへの録音が可能
  • フルオート再生ができるので操作が簡単
  • 音が良いので、音楽を聴いていて心地よい

使用して残念だった点

  • とくになし

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • 幅×高さ×奥行:360x98x358 mm
  • 重量:3.2kg
  • 対応回転数:33 1/3、45rpm
  • 駆動方式:ベルトドライブ
  • 対応カートリッジ:MM型
  • フルオート再生:対応
  • 消費電力:10W

開封とセットアップ

開封

付属品等は以下になります。

付属品

  • 取扱説明書
  • 保証書
  • ターンテーブル
  • ターンテーブルシート
  • 45回転レコード用アダプター
  • Trans Music Manager(CD-ROM)

セットアップ

まずは本体にターンテーブルを載せる必要があります。

DP-200USBはベルトドライブ方式を採用しているので、本体側にベルトを引掛けます。

説明書が親切なので、読めば簡単にできます。

ターンテーブルにターンテーブルシートをセットすれば、本体の組み立ては完了です。

その後、レコードプレイヤー(DP-200USB)を以前購入して使用しているプリメインアンプ(PMA-600NE)に接続しました。

接続は簡単で、プリメインアンプ(PMA-600NE)の入力側AUXにRCAケーブルを接続するだけです。

[itemlink post_id="2398"]

あわせて読みたい
DENONのプリメインアンプ(PMA-600NE)を使用した感想とレビュー

今までに様々なオーディオ機器に手を出してきました。 今まで触れてきたオーディオ機器は中学生の時に購入してもらったMDコンポからスタートして、HDDコンポ、レコードプレイヤー、AVアンプ、プリメインアン ...

続きを見る

使用した感想

MM型なので自分で針の交換ができる

カートリッジには代表的な物でMM型とMC型があり、MC型の方が音が良いと言われていますがMC型の場合自分で針の交換を行うことができません。

そのため、店舗に預けての針交換になりますが、MM型だと自分で針の交換を行うことができます。

使い勝手を考えた時に気軽に使用できるのはMM型を採用しているDP-200USBだと思います。

レコードのサイズを切り替えられる

12インチ(30cm)と7インチ (17cm)のレコードを再生することができます。

代表的なレコードを再生することができるので、とくに不満はなく満足しています。

僕は主に12インチ(30cm)をメインで聞く事が多いいです。

フルオートで再生が可能

STARTボタンを押すと自動的に再生を始めることができ、終了するとトーンアームが元の位置に戻りターンテーブルの回転が止まります。

もちろんマニュアルでの再生も可能ですが、ボタンを押すだけで自動再生ができるのでとても簡単です。

USBメモリへの録音が可能

僕は使用していない機能になりますが、レコードの音源をUSBメモリに保存することができます。

試しにUSBメモリへの録音をしてみましたが、RECボタンを押してレコードを再生することで簡単に録音を行うことができました。

録音した音楽はMP3 形式のファイルで保存されますが、一つのファイルに全ての音楽がまとまって登録されてしまうので、付属している「Trans Music Manager」のソフトウェアを使用してファイルを分割する必要があります。

アナログの音源をデジタルに変換しているので仕方ないことですが、少し手間なので注意が必要です。

電源ケーブルやRACケーブルは取り外しができない

電源ケーブルやRACケーブルは本体に固定されてしまっているので、取り外しを行うことはできません。

個人的にはケーブルの長さや好きなRACケーブルを使用したかったので、少し残念でした。

まとめ

令和の時代にレコードプレーヤーは流行らないかもしれませんが、レコードのジャケットデザインやアナログな音が好きなので気に入っています。

DENONの「DP-200USB」はサイズがコンパクトで、フルオート再生が可能なので使い勝手が良いです。

初心者でも安心して使用することができるので、これからレコードを始める方は購入を検討してみてください。

[itemlink post_id="10013"]

-家電製品
-