ガジェット

数年ぶりに購入した「Fire TV Stick (4K Max)」が劇的にパワーアップしていた【レビュー】

先日のAmazonブラックフライデーで、「Fire TV Stick 4K Max」が半額になっていたので、思わず購入してしまいました。

Fire TV Stickについては2014年に発売された第一世代と2016年に発売された第二世代の2つを今まで使用してきましたが、液晶テレビをBRAVIA(Android)買い替えた際にプライムビデオが標準機能で観れるので、ここ数年はFire TV Stickを使用していませんでした。

当時使用していた第二世代のFire TV Stickの使用感としては若干モッサリとしていた印象がありましたが、今回購入した「Fire TV Stick 4K Max」は想像以上にサクサクしていて驚きました。

この記事では「Fire TV Stick 4K Max」について、使用した感想などを紹介します。

使用して良かった点

  • サクサク動くのでストレスがない
  • WiFi6に対応しているので4K視聴もストレス無く快適
  • 機能に対して価格が安い(ブラックフライデーで購入したので、3980円で購入できました)
  • セットアップが簡単
  • リモコンが使いやすく、ボリューム調整もすることができる

使用して残念だった点

  • 使用するモニターによっては、HDMI延長ケーブルを使う必要があるため見た目がスッキリとしない

購入した理由

今回、Fire TV Stickを再度購入した理由は液晶モニターの買い替えで以前使用していたものが眠ったままになっていたので、再活用したいと思ったからです。

使用していないから売却することも考えましたが、売ってもたいした金額にはならないので、コンテンツ閲覧用の液晶モニターとして再活用することにしました。

開封

同梱品については以下になります。

同梱品

  • Fire TV Stick 4K Max本体
  • Alexa対応音声認識リモコン(第3世代)
  • USBケーブル
  • 電源アダプタ
  • HDMI延長ケーブル
  • 単4電池2本、

使用した感想

サクサク動くのストレスが少ない

使用して最初に感じたことが、想像以上にサクサク動くことでした。

以前使用していた第二世代のFire TV Stickだと、操作に対してワンテンポ遅れるような印象でしたが、「Fire TV Stick 4K Max」はワンテンポ遅れることなく操作することができるのでストレスが少ないです。

リビングで使用しているBRAVIAでもプライムビデオを観ることもありますが、操作がモッサリとしているのでストレスに感じることも多いいです。

使用頻度が多ければリビングで使用することも考えましたが、そこまでプライムビデオを観ることも多くないので、現在は書斎で使用しています。

圧倒的な映像力

4Kに対応しているので、迫力のある映像で映画やドラマを楽しむことをできます。

4Kのコンテンツ自体がまだまだ少ないのが残念なポイントですが、Youtubuのコンテンツだと4Kがあるので楽しむことができます。

リモコンは電池式

本体側はMicro USBによる給電ですが、リモコンは単四電池が2本必要になります。

特殊な電池が使われていないため、どこでも購入することができるので、電池が切れてしまっても安心です。

小スペースでも取り付け可能

第二世代のFire TV Stickでも同じでしたが、接続すると隣のHDMI端子と少し干渉することがあります。

隣のHDMI端子を使用していないければ問題ないのですが、様々な機器を接続していてHDMI端子の空きが少ない時は付属のHDMI延長ケーブルを使用する必要があります。

もう少しだけ本体サイズがスリムになって、HDMI延長ケーブルを使用しなくても隣の端子に干渉しなくなればよいと思います。

注意するポイント

電源は個別に取った方が良い

今回、本体に接続する電源ポート節約のために以下の記事で紹介している3ポート用のUSB充電器でFire TV Stickの電源を取っていたのですが、iPhoneの充電等で他のポートを使用すると安全装置が働くために電源が落ちてしまいました。

そういった不具合もあるため、Fire TV Stickで使用する電源ポートについては単独で使用することをお勧めします。

あわせて読みたい
Baseusの3ポート65W出力可能なUSB PD充電器(BS-S915)が自宅や外出先で大活躍【レビュー】

ノートパソコンやiPadなどを買い替えを行ったのでUSB PDを使用して充電を行うことが増えました。 今までデバイスごとに専用の充電器が必要だったのですが、USB PDの規格に対応していれば共通の充電 ...

続きを見る

お勧めできる人

気軽に動画サービスを楽しみたい人

持っているTVや液晶モニターのHDMI端子に接続して、Wi-Fiの設定をするだけで使用できるので、気軽に動画サービスを楽しみたい人にお勧めできます。

Fire TV Stickがあれな、プライムビデオ以外にもYoutubuや、Huluなども楽しむことができます。

操作がモッサリするのが気になる人

AndroidTVを使用している人でも、操作がモッサリとしていることが気になる人は、Fire TV Stickを購入してしまった方がストレスなく使用できると思います。

僕自身もリビングで使用しているBRAVIAの動作がモッサリとしているので、追加購入することも考えたのですが、使用頻度が少ないので購入を見送りました。

使用頻度が多い人は買い替えるだけで、ストレスが無くなるのでお勧めです。

使用していない液晶モニターを再活用したい人

使用していない液晶モニターを再活用する方法の1つとして、Fire TV Stickはお勧めです。

HDMI端子があることが条件ですが、活躍させることができます。

まとめ

今回、使用していなかった液晶モニターを再活用するために、Fire TV Stickを購入しましたが満足しています。

気軽に動画サービスを楽しみたい人にお勧めです。

-ガジェット
-