ガジェット

QGeeMのUSB Type-Cマルチハブ(M7VC01)のレビュー

2020年7月28日

iPad ProやWindowsパソコンなどUSB Type-Cに対応したデバイスが増えてきたので、そろそろUSB Type-Cに対応したマルチハブが欲しいなと以前から思っていました。

マルチハブの使用用途としては、以下になります。

  • HDMIによる外部出力
  • SDカードの読み込み
  • USBデバイスの装着

いろいろと検討した結果、QGeeMから発売されている「USB Type-C 7Portのマルチハブ(M7VC01)」を購入したので使用した感想やレビューを記事にしてまとめました。

これから購入を考えている方の参考になればと思います。

使用して良かった点

  • デザインがシンプルでカッコいい
  • 価格が安い
  • USB PDの給電に対応している
  • 日常使いには十分な拡張性がある

使用して残念だった点

  • USB Type-Cのポートが一つしかないので給電に使用してしまうと他の機器が接続できない。
  • マルチハブ使用時の発熱が若干気になる

商品情報

今回購入したQGeeMの「USB Type-C 7Portのマルチハブ(M7VC01)」の商品情報は以下になります。

商品情報

  • ブランド:QGeeM
  • 商品の重量:90.7 g
  • サイズ:9.8×4.5×1.4cm
  • 商品モデル番号:M7VC01
  • 給電ワット数:100 W(HP記載)
  • インターフェース:SDカード、microSDカード、USB 3.0×3、HDMI出力、USB Type-C

開封

 

中身はシンプルに本体と取り扱い説明書(英語)のみです。

本体の外観がアルミで作られているので高級感があります。

また、本体のカラーがスペースグレイに近いのでiPadやMacbBookとの相性も良いと思います。

使用した感想

給電に対応している

試しにですが、SATECHIのTYPE-C パワーメーターテスターとAnkerのUSB PD対応充電器を使用して給電が正しく行えるかを試してみました。

使用した商品については、以下の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
AnkerのPowerPort Atom III 45W Slimはモバイル用充電器として最適【レビュー】

先日、iPad pro12.9インチ用の充電器としてANKERから発売されているAnker PowerPort Atom III 45W Slimを購入したので紹介をします。 実際に1週間ほど使用して ...

続きを見る

created by Rinker
Anker
¥2,000 (2020/11/28 01:29:54時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
SATECHIのTYPE-C パワーメーターテスター(ST-TCPM)についてのレビュー

自分の使用しているiPad Pro 12.9インチやスマートフォンで使用しているUSB-PD対応の充電器が実際にどのくらいのワット数で充電ができているのかを調べるために、USB Type-C専用のテス ...

続きを見る

created by Rinker
Satechi
¥3,299 (2020/11/28 05:10:15時点 Amazon調べ-詳細)

計測した結果

14.2V×1.75A=24.85W

24.85Wの給電ができているので、十分な給電ができています。

一応HPでは100Wの給電に対応していると記載があるのですが、取り扱い説明書を読むと60W給電対応と記載があったのでカスタマーサービスに確認した結果、以下の回答をもらいました。

いただいた回答

  • 充電器が110wの場合、最大95w-100wで充電できる(8〜15ワットを差し引いたもの)
  • 充電器が100wの場合、最大85w-92wで充電できる(8〜15ワットを差し引いたもの)
  • 充電器が60wの場合、最大45w-52wで充電できる(8〜15ワットを差し引いたもの)

つまり、充電器の最大充電ワット数から8~15W引いたもので充電ができるようです。

SDカードの読み込みができる

USB Type-Cマルチハブを購入した一番の理由が、iPad Proで動画や画像の編集をするためにSDカードの読み込みがしたかったからです。

実際に接続をした結果、正しく認識することができました。

データ転送速度

最大UHS-I(95MB / s)までのデータ転送速度に対応

HDMIで外部出力できる

HDMIのポートもついているので、外部ディスプレイやプロジェクターなどに外部出力を行うことができます。

自宅にいる時はiPadやノートパソコンを外部ディスプレイに接続を行うことで、大画面で作業ができるので作業効率を上げることができます。

解像度

  • 3840x2160 4K  30Hz
    ※4Kの60Hzには非対応で、2Kの60Hzとして出力されるみたいです。
  • 1920x1200
  • 1920 x 1080
  • 1280 x1024
  • etc

有線接続(USB接続)できる

USB3.0ポートが3ポートあるので、様々な周辺機器を接続することができます。

普段は、Bluetooth接続がメインなのでUSB3.0ポートを使用しないのですがUSB Type-Cマルチハブを使用することにより、有線のキーボードやマウスなどを接続することができます。

活用シーンの紹介

プロジェクターで映画を楽しむ

iPad Proとプロジェクターを接続をするために使用しています。

詳細は以下の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
VANKYOのLeisure 470を使用した感想とプロジェクターのある暮らしについて【レビュー】

プロジェクターで映画を見ながら、ゆっくりと週末を過ごすプロジェクターのある暮らしに以前から憧れていました。 そのため、少し奮発して上位モデルのプロジェクター購入を検討していたのですが、長く使用するのか ...

続きを見る

Nintendo Switchをドッグなしで接続を行う

Nintendo Switchをドッグなしで接続を行う際に使用しています。

詳細は以下の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
Nintendo Switchをドックなし(USB Type-Cのマルチハブを使用)でテレビやモニターに外部出力する方法

この記事ではNintendo Switchをドックなしで外部出力する方法について紹介をします。 最近、学生時代の友人と一緒にNintendo Switchで遊ぶことがあるのですが、その際にディスプレイ ...

続きを見る

パソコンやiPadに接続行い外部出力を行う

パソコンやiPad proを外部ディスプレイに接続を行う際に使用しています。

また、趣味のカメラで撮影した写真をパソコンやiPad Proに取り込みを行う際に使用しています。

まとめ

最初はSDカードの読み込みをするために「USB Type-C 7Portのマルチハブ(M7VC01)」を購入したのですが、上記で記載している通り様々な用途で活躍しています。

1点気になる点があるとしたら、発熱です。

今のところ問題なく使用できていますが、SDカードの読み込みをしている時やHDMIで外部ディスプレイに出力を行っている時に若干熱を持ちます。

熱いという程ではないのですが、少し気になりました。

全体的にデザインもよく価格も3500円前後で購入できるので、コストパフォーマンスは良いと思います。

初めてUSB Type-Cに対応したマルチハブの購入を考えている方にもお勧めできる商品だと思います。

お問い合わせ

-ガジェット
-

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.