ガジェット

RAVPowerのUSB Type-C(USB PD対応)90W充電器 (RP-PC128)を購入【レビュー】

最近、新しく購入したRAVPowerのUSB PD対応90W充電器 (RP-PC128)についてこの記事では紹介します。

最近、新しいノートパソコンに買い替えを行ったのですが、消費電力が80W前後あるので今まで使用していたDIGIFORCEの65W対応USB PD充電器だと電力付不足になってしまうため、新規で購入することにしました。

DIGIFORCEの65W対応USB PD充電器については、以下の記事で紹介をしています。

あわせて読みたい
DIGIFORCEの65W対応USB PD充電器(D0035CG)が持ち運びに丁度良い【レビュー】

最近気になっていたDIGIFORCEの65W対応USB PD充電器(DIGIFORCE 65W USB Type-C GaN Fast Charger)が割引されていたので、思わず購入してしまいました ...

続きを見る

実際に使用した感想などをこの記事で紹介するので、これから購入を考えている人の参考になればと思います。

使用して良かった点

  • 90W出力できるモデルの中では小型なので持ち運びが簡単
  • USB Type-Cが同時に2ポート出力が可能なので、使い勝手が良い
  • USB Type-C(USB PD対応)のケーブルが付属するので、別途ケーブルを購入する必要はない

使用して残念だった点

  • とくになし

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • 入力: AC 100-240V 50/60Hz 2.5A
  • 出力(最大): DC 5V=3A, 9V=3A, 12V=3A, 15V=3A, 20V=4.5A(2ポート合計最大90W)
  • サイズ: 65 x 65 x 32 mm
  • 重量: 195g

開封

 

付属品等は以下になります。

付属品

  • 取り扱い説明書
  • USB Type-Cのケーブル(USB PD対応)

使用した感想

電源プラグが折りたたみ可能

電源プラグが折りたたみ式なので、コンパクトに収納することができます。

電源プラグ部分を折りたためることで持ち運び時に、ポーチの中やバックの中で他のガジェット類を傷つけてしまったり、収納時に邪魔になることがないので便利です。

2デバイス同時充電が可能

USB Type-Cの出力ポートが2つあるので、2デバイスの同時充電が可能になります。

そのため、使用用途によりますが外出時はこの記事で紹介しているRAVPowerのUSB PD対応90W充電器 (RP-PC128)を1つあればとくに困ることはないと思います。

出力ワット数は2ポートで最大90Wになり、2ポート同時で充電を行った場合は1ポートあたりの最大出力ワット数は45Wになります。

そのため、45W以上の給電が必要になるデバイスを充電する際には1ポートしか使用することができません。

充電する際の注意ポイントまとめ

  • 1ポート使用した場合の最大出力は90W
  • 2ポート使用した場合の1ポートあたりの最大出力は45W

以下に自分自身が行っている使用例をまとめたので、参考になればと思います。

使用例

  • iPadとiPhoneを2ポート使用して同時に充電を行う
  • 1ポートのみを使用して、ノートパソコンの充電を行う。(80Wの給電が必要になるため)
  • マウスやイヤフォンなどのデバイス類を2ポート使用して同時に充電を行う。

デザインがシンプル

デザインについては「RAVPOWER」のロゴしか入っていないため、シンプルで気に入っています。

カラーについてはホワイトとブラックの2種類あるため、今回はブラックのモデルを購入しました。

Amazon等で価格を比較するとブラックモデルの方が若干価格が高いので、カラーにこだわりのない方は安いホワイトをお勧めします。

65Wタイプと比較を行うと大きく重たい

普段使用している左側のDIGIFORCEの65W対応USB PD充電器(D0035CG)と比較を行うと、一回り大きいです。

重さについてもRAVPOWERの方が約90g重たいので、持った時に違いを感じるので日常的な使い方で65Wの給電で足りる場合は65Wタイプの物をお勧めします。

65W以上の給電が必要になる場合は、RAVPowerのUSB PD対応90W充電器 (RP-PC128)は他社の物と比較してもコンパクトな部類に入るのでお勧めです。

右側にあるのが自宅の据え置き用で使用しているHypprの100W対応のUSB PD対応の充電器ですが、比較しても遜色ないくらいコンパクトです。

まとめ

自分の使用用途や使用しているデバイスによって必要になるUSB PD対応の充電器は変わりますが、65W以上の給電が必要になる場合はRAVPowerのUSB PD対応90W充電器 (RP-PC128)はお勧めできます。

また、45W以内給電が必要になるデバイスを同時に2つ充電する必要がある方にもお勧めできます。

価格についても65W出力の物と比較を行うと若干高くなってしまいますが、純正の充電器と比較を行っても遜色なく使用でき、持ち運び時にも荷物を軽くコンパクトにできるので気に入っています。

良かったら、試してみてください。

-ガジェット
-

© 2021 文系エンジニアの日常 Powered by AFFINGER5