暮らしの物達

東京メタル工業のガードライト(BLC-60BKZ)を書斎の照明用に購入【レビュー】

以前から作業用デスクのために照明を追加したいと思っていて、丁度良さげな商品として東京メタル工業から発売されているガードライト(BLC-60BKZを)見つけたので購入してみました。

作業用デスクでは、主にブログ用に物撮りしたり、ちょとした工作、勉強などをするための使用しており、照明については以下の記事でも紹介している山田照明のZ-Light(Z-108N)を使用しています。

あわせて読みたい
山田照明のZ-108Nをテレワークと物撮りのために購入(レビュー)!

最近は自宅で仕事をすることも増えて、朝から夜まで自宅のデスクに座っていることが多くなりました。 日中は太陽光が入るので部屋は全体的に明るいのですが、夜だと明かりを付けていても暗いと感じることがあったの ...

続きを見る

Z-Lightについては、デザインや機能性が素晴らしいので気に入っているのですが、物撮りをする際に光量が足りずに写真が暗くなってしまうことがあるので、明るい写真を撮るためやシャッタースピードをかせぐためにも追加のライトが必要でした。

今回、追加のライトとしてガードライト(BLC-60BKZ)を追加したのでこの記事では紹介します。

使用して良かった点

  • デザインがシンプルなので、使用する場所を選ばない
  • クリップ力が強力なので安定している
  • 2000円前後で購入できるので、価格が安い
  • 日本ブランドなので、安心感がある
  • 60Wまでに対応しているので明るい

使用して残念だった点

  • パッケージのくすみ感が気になる(本体は綺麗です)

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • 使用電圧:AC100V
  • 口金サイズ:E26
  • 消費電力:60W
  • 高さ:140㎜
  • コードの長さ:2000㎜
  • 本体重量:300g

開封

包装は若干薄汚れているのが気になりましたが、価格を下げるためや維持するためだと思いますのでしょうがないかなと思います。

とくに袋の破れや破損は無かったです。

同梱品については以下になります。

電球については付属していないので、別途購入する必要があります。

同梱品

  • ガードライト本体
  • 取扱説明書

合わせて準備したもの

LED電球(E26口金)

電球は付属しないため、東芝の60W相当のLED電球を用意しました。

このLED電球にした理由は、ミックス光になってしまい物撮り時に色がおかしくならないようにするために、山田照明のZ-Light(Z-108N)で使用しているものと合わせる必要があったからです。

配線ガイド

配線をそのまま垂らしておくのも作業中に気になってしまうので、配線ガイドを使用して整えています。

ホームセンターなどや100円均一など発売されているので、合わせて購入すると見た目もスッキリとさせることができるのでお勧めです。

取り付け

取り付けは簡単で、まずは電球を本体に取り付けます。

あとは取り付けたい場所に、クリップで挟むだけです。

今回は、以前以下の記事で紹介している無印良品の「壁に付けられる家具棚」に取り付けました。

あわせて読みたい
無印良品の壁に付けられる家具棚で観葉植物を飾る【レビュー】

最近は在宅で仕事がすることが多くなり、1年程掛けて自宅の書斎環境も充実させてきました。 個人的には現在の書斎環境には満足していて、職場よりも快適に仕事ができるようになっているのですが、書斎の中が殺風景 ...

続きを見る

使用した感想

E26口金に対応しているので汎用性がある

照明の中には専用の電球が必要になるものもありますが、ガードライト(BLC-60BKZ)はE26口金サイズの電球に対応しているので、電球が切れたとしてもコンビニやホームセンターなどで購入することができます。

電球が切れることは滅多にありませんが、専用の電球が必要になるとランニングコストが上がってしまうことや、事業撤退などで購入できなくなってしまうリスクもあるので汎用品が使用できるの点については重要なポイントでした。

クリップの力が強い

BLC-60BKZは棚などにクリップで挟んで使用するために、クリップ形状になっています。

このクリップは両手を使用しないと挟み込めないくらい非常に強力なため、ホールド感が高くしっかりと固定することができるので、安定して使用することができます。

また、クリップ部分はゴム形状になっているため、滑らないようにする配慮や挟み込んだ棚などを傷つけないようになっておりますが、クリップが強力なので取り外すと多少の取り付け跡は残ると思っておいた方がよいです。

好みの分かれるダイヤル式ボタン

電球のON・OFFについてはダイヤル式になっているので、好みが分かれるポイントだと思います。

個人的には通常のON・OFFボタンの方が分かりやすいため好みですが、慣れると親指で操作できるので今のところ使いにくいと感じることはありません。

注意する点としては、回転させる方向が一方向なので間違えないようにしてください。

角度を自由に変更することができる

上下左右に360度回転させるこができるので、自分の好きな角度に照明を調整することができます。

そのため、自由度が高いため、物撮りをする際に細かく角度を決められる点についても気に入っています。

また、ネジを回すことでしっかりと固定することもできるので、使用していて急に角度が変わってしまうこともありません。

まとめ

全体的な使用した感想になりますが、モノの作りもしっかりとして、とくにトラブルもないので安心して使用することができています。

最近は海外の無名メーカ製の安価なデザインライトも売られていますが、急な故障による発火なども怖いので、日本のメーカーから発売されているという安心感をとるならこの商品はお勧めだと思います。

価格としても2000円前後で購入することができるので、機能と性能を考えたら十分満足できる商品だと思います。

クリップライドの購入を考えている方の候補の1つとなればと思います。

-暮らしの物達
-