暮らしの物達

ワイシャツは国内生産のメーカーズシャツ鎌倉がお気に入り

2020年2月16日

毎日会社には、スーツで出社していますが着心地というものを非常に大切にしています。

スーツだとコーディネートを考える必要がないため楽なんですが、着心地が悪いと落ち着きません。

今まで安いものから高いワイシャツまで様々な物を試してきて、値段や着心地、シルエットを総合的に評価してこれだと思う物に出会えたので紹介します。

それが、メーカーズシャツ鎌倉です。略して僕自身、勝手に鎌シャツと呼んでいます。

使用して良かった点

  • 着心地が最高
  • 耐久性も高い
  • デザインも豊富

使用して残念だった点

  • とくになし

メーカーズシャツ鎌倉とは

設立は1995年で、本社は社名の通りに神奈川県鎌倉市にあります。

「低価格で上質なシャツをお客様に提供する」ことをコンセプトに日本だけではなく、ニューヨークなどの海外にも展開しているブランドです。

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/26 19:12:03時点 Amazon調べ-詳細)

鎌シャツの良いところ

国内工場で生産されているため、品質が高い

この鎌シャツの良いところは、国内工場で生産されているため品質が高いことです。

ワイシャツや洋服などの生産は中国やベトナムで作られることが多いいですが、この鎌シャツは国内工場でシャツを生産をすることに拘りを持っています。

着心地が良い

鎌シャツは一着ずつ人手が加われて生産されるため、職人の微妙な 縫い加減で遊びを作り出し、着心地の良い シャツが生み出されます。

さらには、生地は80番手の物(細い糸)が基準に使用されるため、さらさらとした着心地になります。

実際に鎌シャツを着てみて、生地が引っ張られるという感じがなく肌触りが滑らかで非常に気持ちが良いです。

価格が安い

国内工場で良質な生地を使用して作られるため、価格が高くなりそうなイメージですが1枚たいたい6000円少々で購入することができます。

この価格を実現できている理由は、中間業者を挟まず“工場→店→お客様という商流になっているからです。

サイズが豊富

ワイシャツを選ぶ際にサイズ感が重要になりますが、鎌シャツの場合約15パターンのサイズから選ぶことができます。

そのため、自分の体格にあったものを選ぶことができるのでフィット感が良いです。

実際に使用してみて

僕自身、鎌シャツを5年ほど愛用していて、今では家にあるワイシャツの8割以上が鎌シャツです。

定番の東京シャツやAOKIやコナカのワイシャツなど様々な物を試したのですが行きつく先は鎌シャツでした。

この鎌シャツの気に入っているところは耐久性が高いことや生地の質感が高く、気心地が良いことです。

1日の半分の時間をワイシャツを着て過ごすことになるので、着ていて不快にならないことが大切でした。

その点、この鎌シャツは肌触りが良く気持ちよく仕事をさせてくれます。

4年ほど使用したワイシャツの状態です。

襟の部分のみ、ほつれてきてしまいましたが他の部分には大きなほつれなどはありません。

使用回数としては、おおよそですが365日÷7日ごとに着る×4年分で、208回ぐらいです。

そのため、約200回の洗濯とアイロンに耐えたことになります。

ちなみにですが、このワイシャツはお気に入りだったため、すべてクリーニング屋さんに任せていました。

襟の部分をキッチリと立たせるために、強くプレスをしたことが生地を傷めてしまった原因だと思いますが4年間着ることができたので耐久性は高いと思います。

まとめ

今まで様々なシャツを購入してきましたが、鎌シャツを知ってしまうと他のワイシャツに戻れなくなるくらい気心地や質感がとても良いです。

値段は6000円からとなっているため、少々高いと感じると思うかもしれませんが国内工場で手作りで生産されていることを考えるとコストパフォーマンスは非常に高いと思います。

耐久性も上記で説明した通りに高いので長く使用することができます。

今後も毎年2~3枚ずつ鎌シャツを購入してローテーションする枚数を増やして行きたいと思います。

お勧めできるワイシャツなので気になった方は是非、試してみてください。

お問い合わせ

-暮らしの物達
-,

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.