美味しいもの

みたらし団子をグラファイトトースターで温めると美味しい

2020年3月17日

休日に勉強をしている時や小腹が空いた時に甘い物が食べたくなる時があります。

甘い物の定番はチョコレートだったりケーキだと思うのですが、僕はよくみたらし団子を食べます。
小さい時からよく食べていたというものありますが、腹持ちが良く近所のスーパで安く購入することができるのでいつも購入してしまいます。

そのまま食べても美味しいのですが、一工夫するだけで更に美味しく食べられるので紹介します。

美味しく食べる方法

常温でも美味しのですが、冷えて団子が固くなっている場合は温めることによって団子を柔らかくすることができます。
そのため、僕はみたらし団子を食べる際はアラジンのグラファイトトースターで温めてからいつも食べています。
グラファイトトースターについては、以下の記事を参照してください。

加熱時間

今まで様々な温度設定や加熱時間で試してきましたが、一番良かったのが240度で1分が丁度良い加熱時間でした。
温めすぎると、団子が溶けてしまい張り付いてしまいます。

温めることによる変化

みたらし団子を温めることによって、団子が柔らかくなりとろけるような触感になります。

また、風味もよくなります。

まとめ

温めることによって、みたらし団子がさらに美味しくなるので是非試してみてください。
グラファイトトースターが無くても、電子レンジで温めるだけでも美味しくなります。

 

お問い合わせ

-美味しいもの

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.