経験談

ネットショッピングを使用するか店舗で購入するかについて

2019年4月20日

この記事では、商品を購入する際にネットショッピングを使用するか実際に自分の足で店舗に行き購入するのかについての使い分けについて自分なりの考えをまとめてみました。

通信技術が発達し、スマートフォンが普及している現代では実際に店舗に行かなくても画面をみてクリックするだけで欲しい物が購入できてしまう時代です。

家事や仕事が忙しく時間が取れない人や、病気で動くことができない人、高齢者、地方で暮らしていて買い物に行く場所がない人などにとって、ネットショッピングで商品を購入できるということは革命に近いものがあると思います。

私自身、毎日仕事で帰宅が遅くなるため平日に買い物に行くことができません。

そのため、Amazonや楽天などのネッショッピングで注文を行いコンビニで受け取るということをよくします。

ネットショッピングを使用して思ったこと

一時期便利なネットショッピングを利用して、日用品から食材、服、家電など様々な物を購入していたのですが明らかに、無駄な物を購入していると感じることが多くなりした。

また、自分自身の傾向を分析した結果、ネットショッピングで購入した物よりも店舗で購入した物の方が愛着を持って使用する確率が格段に高いと感じました。

ネットショッピングは、いつでもどこでも購入できてしまうため苦労(金額以外)をして購入するということが無くなります。

そのため、物を購入する喜びが店舗で購入する際よりも薄れてしまうのだと思います。

その結果、不要な物を容易に購入してしまったり物への愛着が薄れてしまうことに繋がってしまうのだと思いました。

まとめ

私自身が心掛けていることがあります。

長く、愛着を持って使用する物(鞄・財布・電化製品・服)については店舗で購入するということです。

店舗で購入することによって、購入時の思いが強まり一層の愛着へと繋がると考えているからです。

とくに、鞄や財布などの身に着けるものに関しては多少高くても直営店で購入するようにしています。

不具合や壊れてしまった際のアフター補償というメリットもありますが、一番の理由としては長く愛用するという思いからでもあります。

ネットショッピングで購入するものとしては、日用品や使い捨ての物など拘りのいらない物に限定しています。

ネットショッピングで安く購入するのもありだと思いますが、不要な物を購入しないように注意することが必要です。

多少高くても店舗で購入した方が不要な物を購入してしまうリスクが低いため、総合的に見て安上がりなのではないかと思います。

お問い合わせ

-経験談
-

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.