ガジェット

エレコムのKVMスイッチ(KM-A22BBK)を使用して2台のPCでマウスとキーボードを共用して使う

2020年4月14日

最近テレワークで働く事が増えたため、エレコム から発売されているKVMスイッチ(KM-A22BBK)を購入しました。

このKVMスイッチ(KM-A22BBK)を利用することにより、2台のPCでキーボードとマウスを共有して使用することができます。

会社からはノートパソコンを使用されていて、自宅にいる際はHDMIケーブルを使用して外部ディスプレイに映像を出力するようにしています。

その際に諸事情でキーボードを別で用意する必要があり、プライベートで使用しているパソコンのキーボードと共用して使いたいと思いKVMスイッチを購入することにしました。

KVMスイッチを使用したのは初めてだったのですが、実際に使用してみたら結構便利だったので紹介をします。

購入した理由

購入した理由は以下になります。

有線のキーボードを共用で使用したかった

最近のパソコンはBluetoothに対応しているため、キーボードやマウスもBluetooth接続の物が主流になってきました。

Bluetooth接続の場合、切替えスイッチやソフトウェア等で簡単に接続するパソコンの切り替えができるのですが僕は古いキーボードを有線接続で使用しているため、USB端子の抜差しが必要になります。

キーボードをパソコンの台数分購入して接続する事も考えたのですが作業机が狭くなってしまうため、エレコムのKVMスイッチ(KM-A22BBK)を使用してキーボード等の接続機器の切り替えを行うことにしました。

十分なケーブルの長さがあった

切替器本体からパソコンまでのケーブルの長さが1.2メートルあり、切替機本体から手元切替えスイッチまでのケーブルの長さが1.8メートルあります。

短すぎると困りますが十分な長さがあるので、使いやすいです。

※僕の用途では長すぎるので、ケーブルをまとめて収納しています。

開封

商品の内容は以下になります。

商品の中身

  • KVMスイッチ本体
  • 切換えボタンを固定するための両面テープ

使用した感想

ドライバーは不要ですぐに認識する

使用した感想なのですが、まず使用方法が簡単なのが良かったです。

USBコネクタを2台のパソコンに接続を行い、マウスやキーボードを接続するだけで自動で認識してくれました。

ドライバーのダウンロードやソフトウェアのダウンロード等が必要がないので、簡単です。

接続が完了したら、手元の切替えボタンを押すだけで切替えを行うことができます。

切り替えが簡単

今まではキーボードやマウスを別のパソコンで使用したい時は物理的に抜差しで行っていたのですが、KVMスイッチを利用することで手元にある切替えボタンですぐに操作するパソコンを変えることができるので便利です。

また、何度もUSB端子を抜差しをしているとUSBポートが痛んでしまう原因にもなるのでパソコンにも優しいと思います。

注意事項

注意事項は以下になります。

データ通信はしない方がいい

KVMスイッチ(KM-A22BBK)にUSBメモリなどを接続してデータ通信もできるみたいなのですが、データ通信中に切替えを行うとデータが破損してしまう可能性があるので止めた方が良いです。

供給可能電力

供給可能電力が2ポートで500mAなので、消費電力の高いUSB機器との接続はできません。

※スマートフォンなどの充電に使用することはできません。

まとめ

2つのパソコンでキーボードのUSBケーブルを抜差しすることなく、スイッチの切替えのみで共有して使用できるので非常に便利です。

価格も1500円程度で購入できるので満足しています。

使用する人や用途が限られてしまいますが、現在でも有線のキーボード等を使用している方にはお勧めだと思います。

ちなみにですが、キーボードはKB-3920を使用していてPS/2端子をUSBに変換して使用していますが問題なく使用できています。

KB-3920は世界最速キーボードという異名をもつ名手

今回は、少し前から気になっていたKB-3920を購入したので紹介します。 このキーボードは言わずと知れたキーボード界の名機でローマ字日本語入力世界最速という異名を持っています。 1998年にその記録を ...

お問い合わせ

-ガジェット
-,

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.