ガジェット

CIOの「NovaPort TRIO 65W」GaN充電器を購入【レビュー】

先日のAmazonブラックフライデーでCIOから発売されている「NovaPort TRIO 65W」 GaN充電器が安くなっていたので、思わず購入してしまいました。

スマホやタブレット、PCなど様々な機器でUSB PDの充電器が必要になるので、自宅では様々な充電器を使用しているので充電器には困っていなかったのですが、以前から電力の自動振り分け機能があるものが欲しいと思っていました。

手元に届いて実際に使用してみると想像以上に良かったので紹介します。

使用して良かった点

  • コンパクトで軽量
  • USB Type-C×2、USB Type-A×1の丁度良いポート数
  • 電力の自動振り分け機能がある
  • プラグが折り畳める
  • 国内メーカーなのでアフター保障がしっかりとしている
  • 本体表面は傷がつきにくいシボ加工

使用して残念だった点

  • とくになし

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • サイズ:‎5.25 x 4.2 x 2.9 cm
  • 重量:95 g

開封

同梱品については以下になります。

同梱品

  • 充電器本体
  • 取扱説明書

使用した感想

丁度良いポート数

USB Type-Cが2ポートと、USB Type-Aが1ポートと使いやすいポート構成になっています。

USB Type-Cが2ポートあることで、PCとスマホ又はタブレットなどを平行して充電することが可能です。

また、USB Type-Aポートを使用して充電を行う機器は以前と比べると減っていますが、古いWalkmanや先日購入したShokz OpenRun Proで使用しているので、まだまだないと困るポートのため、有効に活用できています。

電力の自動振り分け

NovaPort TRIO 65Wの最大の特徴は、電力の自動振り分け機能だと思います。

従来の充電器だとポート毎に使用できる最大W数が決まっていたので、使用する機器に合わせてポートを変更する必要がありましたが、NovaPort TRIO 65Wは使用する機器に合わせて電力の自動振り分けが行われるのでポートを意識する必要がありません。

そのため、取り合えずつなげれば最大パフォーマンスで充電ができるので、便利です。

小さい

2年前に購入したBaseusのUSB PD充電器と比較すると、NovaPort TRIO 65Wが小型なことが分かると思います。

BaseusのUSB PD充電器を購入した当時はコンパクトで感動しましたが、2年でさらにここまで小さくなったので技術の進化を感じます。

3ポート使用できてここまでコンパクトにまとまっているので、持ち運びにも困ることはありません。

プラグ部分が折りたたみできる

自宅用に使用しているので電源タップに刺したままですが、プラグ部分を折り畳んで収納することが可能です。

そのため、ポーチなどに入れて持ち運ぶ際でも、他の機器を傷つけてしまったり、中で引っかかってしまう心配がありません。

まとめ

自宅でも外出先でもどこでも万能に使用できる充電器だと思います。

また、電力の自動振り分け機能があるので使用するポートを意識する必要がなく、常に最適な状態で充電することが可能です。

USB PDの充電器で迷ったら、NovaPort TRIO 65Wはお勧めできる選択肢の一つだと思います。

-ガジェット
-