ガジェット

KB-3920は世界最速キーボードという異名をもつ名手

今回は、少し前から気になっていたKB-3920を購入したので紹介します。

僕がこのKB-3920を購入した理由は、WEBサイトで新調するキーボードについて調べていた時にたまたま、KB-3920は「キーボード界の名機でローマ字日本語入力世界最速の記録がある」という記事を発見して気になったことがきっかけでした。

価格を調べてみると中古で1000円前後で購入できることが分かり、試してみることにしました。

実際に使用してみると打鍵感やキーの感触が心地よかったので、この記事では紹介します。

[itemlink post_id="5792"]

使用して良かった点

  • 打鍵感が気持ちいい
  • 価格が安い

使用して残念だった点

  • 音が響くので使用する場所を選ぶ
  • 接続端子が古い(PS/2端子)

使用した感想

打鍵感

このKB-3920の最大の特徴は、独特のキーボードの感触と入力時のカチカチ音にあります。

打ちごたえのある打鍵感で、キーの滑りもよいので文字入力が爽快で気持ちいいです。

このキーボードに慣れてしまうと他のキーボードが使用できなくなるかもしれません。

昔懐かしいこの感触

私自身が小学生の頃の授業で使用していたパソコンのキーボードは、恐らくこのキーボードだったと思います。

なんとなくですがこのキーボードの打鍵感を覚えており、とても懐かしい気分になりました。

カチカチとした打ちごたえのある打鍵感が本当に懐かしいです。

30代以上の方でしたら、恐らくこのキーボードを一度は触れていると思います。

価格が安い

Chicony KB-3920 は、東芝やNEC、DELL、富士通などの様々なメーカにOEM供給しています。

そのため流通台数がとても多いい事やキーボード事体が古い規格なこともあり、現在では大変安く購入することができます。

少し、前までは秋葉原で300円程度で投売りされていたそうですが2019年現在確認できませんでした。

購入する場合は、主にメルカリやヤフオクなどを使用するしかないと思います。

接続端子が古い

キーボードの接続端子がPS/2端子という古い規格のため、最近のコンピューターに接続する場合はPS/2端子をUSBに変換するアダプターが必要になります。

私が、日常で使用しているHPのワークステーションにはPS/2端子が標準で用意されているため変換アダプタは必要ありませんでした。

ノートPCなどで使用する際は上記の変換ケーブルが必要になるため、僕自身も購入しましたが問題なく使用できています。

[itemlink post_id="2456"]

[itemlink post_id="5599"]

使用する場所を選ぶ

キーボードの打鍵音が結構響くため、職場での使用よりは自宅などのプライベートでの使用をお勧めします。

以下の記事でも紹介しているFILCOの青軸のキーボードについても併用していますが、青軸の打鍵音の方が響きます。

あわせて読みたい
FILCOのMajestouch BLACK Tenkeyless(FKBN91MC/NFB2)を新しく購入【レビュー】

自宅で使用するキーボードとしてFILCOのMajestouch BLACK Tenkeyless(FKBN91MC/NFB2)を追加で購入したのでこの記事では紹介します。 選んだモデルは青軸の日本語配 ...

続きを見る

そのため、普段から青軸のキーボードを使用している方でしたら、そこまで打鍵音が気にならないと思います。

また、キーボード事体が有線接続なためケーブルが気になることや、キーボード事体もフルサイズのためデスクの場所をとります。

感想

総合的な乾燥としては、大変満足しています。

中古で安価に購入することができ、商業用のキーボードのため耐久性も高いです。

家電量販店等で5000円以下のキーボードを購入するなら、このキーボードを使用して欲しいと思うくらい満足度は高いと思います。

タイピングが非常に気持ちよく文字入力がスムーズにできるため、体感速度として1.5倍くらい高速で入力している気分になれます。

[itemlink post_id="5792"]

-ガジェット
-,