Windows

現役SEが教えるパソコンを使用した悪戯(Windows編)

この記事では現役のシステムエンジニアが、パソコンを使用した悪戯を紹介したいと思います。

友人を驚かせたり、笑いのネタになればと思いますが、実際の悪戯は自己責任でお願いします。

簡単にできるパソコンを使用した悪戯から、順番に紹介します。

※この記事はWindowsのPCを対象にしています。

パソコンを使用したイタズラのご紹介

ネットワーク接続不可

パソコンで最もすることと言えば、WEBサイトの閲覧だと思います。

そこで、LANケーブルが使用されている場合はちょっことだけ抜くことで、WEBサイトの閲覧ができないようになります。

全部抜いてしまうと簡単にばれてしまうので、少しだけ抜くことがポイントです。

マウスの裏にテープを張る

マウスの裏にテープを張るとポインターが反応しなくなります。

すぐにばれてしまいますが、ちょっとした悪戯として使用できます。

Capslock

Capslockを有効にすることで、アルファベットキーの打鍵が大文字の入力になるため、日本語入力ができなくなります。

方法

[Shift]+[CapsLock]を同時に押す。

ブラウザを開いたときに最初に表示されるホームの変更

ブラウザーを起動したときに最初に表示されるホーム画面が、勝手に変更されていたらビックリします。

通常はyahooやgoogleだったりすることが多いいのですが、これを知らない間に「別のサイト」に変更しておくいたずらです。

使用しているブラウザによって操作方法が変わるので、ここでは紹介しません。

画面の反転

以下の方法を使用することで、表示されている画面の向きを変更することができます。

新人の頃、自分のPCの画面を同期に反転させられて焦りました。

操作自体はとても簡単なのですが、実際にされた人は相当焦りますし、この方法を知っている人はほとんどいないので実際にやられると困ります。

方法

  • [Ctrl]+[Alt]+「↑」を同時に押す 上向き(通常の表示)
  • [Ctrl]+[Alt]+「↓」を同時に押す 下向き(上下逆表示)
  • [Ctrl]+[Alt]+「→」を同時に押す 右向き
  • [Ctrl]+[Alt]+「←」を同時に押す 左向き

マウスを左利き用にする

通常は、選択やドラッグといった使用頻度の高い操作を行うのが左ボタンで、メニュー表示が右ボタンです。

左利きに設定にするとこれの操作が反対になります。

方法(Windows10)

➀[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開き、名前項目に「control」と入力して、[Enter]キーを押してコントロールパネルを開く。
②[ハードウェアとサウンド]をクリックし、[デバイスとプリンター]の[マウス]をクリックします。
➂[マウスのプロパティ]画面が表示されます。[ボタン]タブが開いていることを確認し、「主と副のボタンを切り替える」のチェックボックスをオンにします。オンにすると左右のボタンの役割が入れ替わります。
④[適用]ボタンを右クリックしてから[OK]ボタンを右クリックします。3 の手順で左右のボタンの役割が入れ替わっているため、これ以降は左クリックと右クリックが入れ替わります。

デスクトップの壁紙をスクリーンショットに変更

デスクトップの壁紙をスクリーンショットに変更し、デスクトップ上にあるショートカットやファイルを別の場所に移動しておくというものです。

気が付かなければ、壁紙をひたすらクリックすることになります。

方法

➀アプリから[ペイント]を起動させる。
➁[Print Screen]キーを押し、デスクトップのスクリーンショットを取得しペイントに張り付け任意の場所に保存する。
➂任意の場所に保存したデスクトップのスクリーンショットを壁紙に設定する。

マウスの速度を変更する

マウスの速度を高速にしたり、低速にしたりすることができます。

マウスの速度を変更されると元に戻すのが大変になるので、注意してください。

方法

➀[Windows]+[R]キーで[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開く。名前項目に[control]と入力して、[Enter]キーを押してコントロールパネルを開く。
➁[コントロールパネル]の[デバイスとプリンター]からマウスを右クリックし、[マウスの設定]を選択する。
➂[ポインターオプションタブ]からポインター速度を変更する。

ブルースクリーン

ブルースクリーンに関する悪戯です。

ブルースクリーンとは、パソコンが壊れた際にでる画面の事です。

その際に表示される画面が青いことからブルースクリーンと呼ばれています。

システムエンジニアでしたら、かなりヒヤッとする症状ですがマイクロソフトの公式からダウンロードできます。

ダウンロード先はコチラ

まとめ

パソコンに関する悪戯方法はいろいろありますが、今回は簡単な物を中心に紹介しました。

実行する場合は、くれぐれも事故責任でお願いします。

-Windows

© 2021 文系エンジニアの日常 Powered by AFFINGER5