ガジェット

FILCOの天然木を使用したリストレスト(Genuine Wood Wrist Rest)を購入【レビュー】

先日、FILCOから発売されている天然木を使用したリストレスト(FILCO Genuine Wood Wrist Rest)を購入しました。

仕事の関係で1日中パソコンを使用していることが多く、打鍵時の手首の疲れを少しでも軽減させたいと思って購入した結果、手首の疲れを軽減することができたので紹介します。

僕が普段使用しているキーボードは、以下の記事でも紹介しているFILCOの「Majestouch MINILA-R Convertible」です。

created by Rinker
FILCO
¥15,800 (2021/05/10 04:54:27時点 Amazon調べ-詳細)
あわせて読みたい
FILCOのMajestouch MINILA-R Convertibleキーボードについてのレビュー

先日予約したFILCOのMajestouch MINILA-R Convertibleキーボードが2020年の8月26日(発売日)に届いてから約4カ月程、仕事やプライベートで毎日使用してきました。 毎 ...

続きを見る

そのため、今回購入したリストレスト(FILCO Genuine Wood Wrist Rest)はSサイズを選びました。

created by Rinker
FILCO
¥3,436 (2021/05/10 17:29:21時点 Amazon調べ-詳細)

使用して良かった点

  • 打鍵時の手首の角度が緩やかになるので疲れにくい
  • 木の感触が心地よい
  • デスクとの接地面に滑り止めがついているので、打鍵時にずれない(安定している)
  • 角が丸くなっているため、引っ掛かりがなく滑らか

使用して残念だった点

  • とくになし

仕様について

仕様については以下になります。

仕様(Sサイズ)

  • サイズ:300×81×20mm(滑り止めクッション含む)
  • 重量:200g
  • 天然木の産地:北海道

使用した感想

手首が疲れにくい

【リストレスト無】

【リストレスト有】

リストレスト有無を比較すると打鍵時の手首の角度が変わります。

リストレストが無い場合の方が手首に角度がついてしまうため、長時間タイピングをしていると手首に負荷が加わった状態が続くことで疲れを感じます。

一方、リストレストが有る場合だと手首の角度を水平に近い状態に保つことができるため、長時間タイピングした際の手首の疲れは軽減されました。

1週間程比較してみた結果、リストレストがある方が明らかに手首の疲れが減り、快適でした。

触った時の感触が滑らか

リストレストの素材が木材なので、トゲやささくれが気になることを想像したのですが、表面が丁寧に加工されており、滑らかななため、全く気になりませんでした。

以前、低反発タイプのリストレストを使用していたことがありますが、タイピング時の沈み込んだ時の感触が気になってしまい、数回使用して辞めてしまったことがあります。

しかし、今回購入したリストレストは天然無垢材が使われているため、沈み込むことがなく、タイピング時にしっかりと踏ん張ってくれるので安定しています。

木材の感触が心地よいので、長時間使用しても気になることがなく、心地よくタイピングをすることができます。

北海道の天然木を使用

リストレスト表面には「Genuine Wood Made in Japan」と彫られており、日本語に翻訳すると「日本製の本物の木」という意味になります。

リストレストには北海道産の天然無垢材が使われおり、加工は日本の工場で職人によって一つ一つ丁寧に作成されているため、製品への安心感が有ります。

また、同じリストレストでも木目の表情が違うので、選ぶ楽しみもあります。

僕はインターネットで購入したので、木目を選ぶことはできませんでしたが、近くで購入できる店舗があれば気に入った物を選びたかったです。

天然無垢材が使われているので、低反発タイプの製品と比較をするとヘタることが無いため、長期的に使用できる点も魅力的です。

滑り止めがついている

裏側にはウレタンフォームを使用した滑り止めがついているため、タイピング中にリストレストがずれてしまうことはありません。

そのため、安定してタイピングを行うことができます。

ウレタンフォームの有無で、タイピング中の安定感が変わってくるので、このウレタンフォームは有りがたいです。

メーカーホームページによるとウレタンフォームには以下の特性があるようです。

ウレタンフォームの特性

  • エネルギー吸収性
  • 寸法安定性
  • 非移行性

メンテナンスが簡単

普段のお手入れは乾拭きをする程度で充分で、汚れが付いてしまった場合でも固く絞った布巾ですぐに拭き取るだけで良いため、手入れが簡単です。

リストレスで使用している天然無垢材は長年使用すると日焼けしたり、艶が生まれたりなど経年劣化を楽しめる素材なので、多少汚れたり傷がついてしまっても味として楽しめそうです。

メンテナンスフリーに近い形で使用できるのも魅力です。

まとめ

価格について言えば、FILCOのリストレストは4000円前後してしまうので、リストレストの中では高級な部類に入りますが、素材や作成するまでの工程を考えれば安いと思います。

また、低反発素材を使用したリストレストは違い、ヘタってしまうことがなく、長く使用できることを考えるとコストパフォーマンスは高いです。

とくに天然無垢材を使用しており、裏側にはウレタンフォームを使用した滑り止めがついているので、タイピング時にずれてしまうこともなく、安定して使用することができます。

リストレストを使用するか使用しないかは好みもあるので、全ての人にお勧めできる商品ではありませんが、個人的には気に入っています。

created by Rinker
FILCO
¥3,436 (2021/05/10 17:29:21時点 Amazon調べ-詳細)

-ガジェット
-

© 2021 文系エンジニアの日常 Powered by AFFINGER5