ガジェット

iPhone 12 miniのケースにApple純正のレザーケースを購入【レビュー・経年変化の紹介】

先日、iPhone 12 miniを購入したのでApple純正のレザーケースについても、合わせて購入しました。

今までスマートフォンにケースをつけることは無かったのですが、iPhone 12 miniは背面が光沢ガラスになっているため、指紋などが気になってしまい、今回購入することにしました。

本体に厚みが出てしまうことや、熱がこもってしまうなどの理由から、スマートフォンでケースを使用することを避けていたのですが、使ってみると意外とメリットを感じたので紹介をします。

今回iPhone 12 mini用に購入したケースは、Apple純正のレザーケース(バルティックブルー)です。

Apple純正のケース素材には、シリコンとレザーの2種類あるのですが、質感や経年変化などを楽しみたいと思たったことや、高級感がある理由から、今回はレザーモデルを購入しました。

[itemlink post_id="8827"]

使用して良かった点

  • 革の質感が触っていて気持ちいい
  • 手に持った時にしっくりとくる
  • ケースの精度が高い
  • MagSafeに対応している

使用して残念だった点

  • 精密に作られているので、取り外すのが手間になる。そのため、何度もケースを脱着して使用する方には不向き
  • レザーケースなので、お風呂や水回りの近くで使用する方には不向き。(シミになってしまう)

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • メーカー:Apple
  • 重量:22g
  • 素材:レザー

開封と取り付け

開封

外箱はApple製品らしく、シンプルで高級感があります。

箱を開封するとケース本体が出てきます。

取り扱い説明書のみが付属しています。

取り扱い説明書の気になった記載としては「MAgSafeアクセサリーを使用するとわずかな跡が残ります。」と書いてあったので、MAgSafeを使用する方は跡が残ることを覚悟して使用する必要があります。

ケース取り付け

ケースの取り付けは簡単で、左端から入れていきます。

気になったこととしては精密に作らているので、ジャストサイズです。

そのため、取り外す際に少し硬く大変なので、様々なケースを使用していて頻繁に変える方には、不向きなケースだと思います。

逆を言えば、一つのケースを長く使用する方にはとくに気になることはありません。

使用した感想

手に持った時の質感が良い

手に持った時の感触が柔らかく、心地よいです。

iPhone 12 mini本体の素材がアルミなので裸で使用していると、寒い時期には本体を持った時に冷たいと感じることがありますが、ケースを装着することによって冷たいと感じることが減りました。

カバーをすることによって本体が少し厚くなってしまったのですが、裸で使用する時に比べると持ちやすく滑りにくくなりました。

経年変化を楽しむことができる

レザー素材なので使用していくと経年変化を楽しむことができます。

僕自身もレザー素材は元々好きで、鞄やジャケットはレザー素材のものを使用していますが、毎年しわや艶が変わるため表情が変わったり、自分の体形に合わせて革が馴染んでくるので、使用していて愛着を感じることができます。

スマートフォンは消耗品なので、10年など長い期間使用することはありませんが、経年変化を楽しむことができる点も魅了です。

使用期間は一般的なレザー製品と比べると短いかもしれませんが、iPhoneは毎日手に触れて操作をするものなので、革が変化するスピードは速いと思います。

精度が高い

iPhoneのケースは各社から発売されていますが、作りの精度が全く違います。

安いから悪いわけでもなく、高いから良いというわけでもないので選ぶのが難しいところですが、今回購入したApple純正のレザーケースの精度は高く、各部位がピッタリと作られています。

充電部分やスピーカーの部分が丁度良いサイズ感でくりぬかれているので、カバーをしないで使用している時と比較をしても遜色なく使用することができるので使っていて気持ちがいいです。

この精度の高さは、純正ならではだと思います。

電源ボタン部分も精巧に作られています。

スピーカー部分と充電部分も、綺麗に切り抜かれています。

音量ボタン部分も押しにくいということはなく、カバーをつけていない時と同じように使用することができます。

MagSafeに対応している

MAgSafeに対応していることも購入した理由の1つになります。

MAgSafeはiPhone 12シリーズから使用できるようになった機能の一つで、本体背面が磁石になっています。

そのため、ワイヤレス充電を行ったり専用のアクセサリーを使用することができます。

まだ、MAgSafeは使用していないのですが、将来的には使用したいと思っているのでMAgSafe対応の物を購入しました。

iPhone本体への傷を抑えることができる

一般的なことですが、iPhone本体についてしまう傷を抑えることができます。

iPhone 12 mini 本体の背面が光沢ガラスになっているので、傷が付いてしまうと目立ちやすく、指紋も目立ちやすいです。

そのため、カバーをすることで傷を抑えることができ、落下させてしまった時にもちょっとしたクッション素材として役に立ってくれると思います。

また、iPhone本体の傷を防止することができるので、本体売却時の査定アップにも繋がると思います。

約半年感使用した状態の紹介

半年間使用するとサイド部分の革が少し削れてきて、黒っぽくなってきました。

僕は普段、デニムのポケットやスーツのポケットにiPhoneをしまっているので、革が擦れて剥げてきてしまったのだと思います。

バックの中にしまっていれば、ここまで擦れないで綺麗な状態を保てたと思います。

使い方にもよると思いますが、スピーカ部分や充電端子部分にゴミが溜まってしまうので、定期的な掃除は必要です。

ケースを外すと結構汚れているので、定期的に液晶用のウェットティッシュを使用して、綺麗にしています。

カメラ部分も汚れが溜まりやすいので、定期的な掃除が必要です。

まとめ

Apple純正のレザーケースということもあり、全体的に製品としての質は高いと思います。

価格は税込みで7480円するので、スマートフォンケースとしては高級な部類になりますが、Apple純正ということやレザーを使用していること、精巧に作られていることを考えると、十分満足することができる製品だと思います。

ただし、レザー製品のため、お風呂場や水回りでiPhoneを使用する方には向きません。

しばらくはApple純正のレザーケースを使用し、経年変化を楽しみたいと思います。

[itemlink post_id="8827"]

-ガジェット
-