ガジェット

スマートフォン用のマイク付きイヤフォンをパソコンで使用するための変換ケーブル

2020年6月28日

ここ最近テレワークが推奨されていて、自宅で仕事を行う人が増えてきていると思います。

そのため、社内会議やお客様との打合せも対面式ではなく、SkypeやZoomなどを使用したオンラインで行うことが増えてきたため、以前に比べてヘッドセットの需要が増えていて一時期店頭でも見かけなくなるほどでした。
※最近では、需要と供給のバランスが保たれてきて店頭でも見かけるようになりました。

僕は、拠点間を移動しての作業が多く移動先でSkypeやZoomを使用したオンライン会議をする機会が多いいので常にヘッドセットを持ち歩いているのですが、パソコン用のヘッドセットだとサイズが大きいので持ち運び時に不向きでした。

そのため、普段からスマートフォン用のマイク付イヤフォンに変換アダプタを接続し、パソコンで使用することで持ち運び時の荷物を減らしています。

そこで、今回はスマートフォン用のマイク付きイヤフォンをパソコンで使用するための変換アダプタについて紹介をします。

この変換ケーブル一本あればスマートフォン用のマイク付きイヤフォンをパソコンで使用できるようになるため、移動時の荷物を軽量化したり普段使用しているスマートフォン用のマイク付イヤフォンをパソコン用として代用することができます。

僕は、普段から変換アダプタとしてサンワサプライから発売されているKMA24005という商品を使用しているので紹介をしたいと思います。

KMA24005について

このKMA24005は、スマートフォンやタブレット用のマイク付イヤフォンをパソコンで使用するための変換ケーブルです。

長さは約5cmなので、ケーブルが長すぎて邪魔になることはありません。

製品について

  • 4極ミニジャック(メス×1)を3極プラグ(オス×2)に変換を行うための変換ケーブル
  • 長さは約5cm

開封

中身はシンプルで変換するためのケーブルだけです。

緑の端子をパソコン側のイヤフォン端子に接続し、赤の端子をパソコン側のマイク端子に接続をして使用します。

使用について

使用方法と注意するポイントについてまとめました。

使用方法

スマートフォン用のマイク付イヤフォンをKMA24005で変換を行いパソコンに接続するだけで、使用できます。

パソコン側にドライバーをインストールする必要はありません。

僕はマイク付イヤフォンとして、Amazonで購入したとりあえず使用できる物を使っていますが問題なく使用できています。

使用した感想としては相手の会話内容をクリアに聞くことができ、マイクの音声についても相手にクリアに伝えることができているため、とくに違和感なく使用できています。

注意ポイント

注意するポイントとしては、スマートフォン用のマイク付イヤフォンにミュートボタンや、通話終了ボダンなどの機能が付いている場合は使用できないと考えたほうが良いです。

そのため、僕はミュートにしたい場合などはパソコン側でミュートへの切替えを行うか、物理的にケーブルを抜くなどの作業をしています。

まとめ

普段からノートパソコンを持ち運んで様々な場所で使用することが多いいので、変換ケーブルを使用することで移動時の荷物を軽くすることができているので助かっています。

また、変換ケーブル本体も非常にコンパクトに作られているのでポーチの中に入れておいても邪魔になりません。

ワイヤレス(Bluetooth)のヘッドセットも販売されていて、今時有線のケーブルは時代遅れかもしれませんが充電をする手間や音声の安定を考えると有線イヤフォンの使いやすいので、僕は今でもを有線のマイク付きイヤフォン使用しています。

価格も600円前後で購入できるので、是非試してみてください。

お問い合わせ

-ガジェット
-, ,

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.