暮らしの物達

一生モノの剃刀「TRADITIONALクラシックレイザー」を購入【レビュー】

出社していた時は、毎日身だしなみを整えるために電気シェーバーで髭を剃っていましたが、リモートワークになってからは週末に出かける用事がある時のみ髭を剃る生活になりました。

使用している電気シェーバーですが約10年程使用しており、バッテリーの持ちや、切れ味が悪くなってきたので、買い替えようと思った時に、使用頻度が低いならT字の剃刀の方がコストパフォーマンスだったり、伸びた髭を剃るのに適していると考えました。

最初はあまり使わないものなので、使い捨てで考えていましたが、実際に店舗に行って見たり、触ったりする中で店員さんから「髭剃りは特別な1日の始まりを開始するための儀式である」という言葉を聞いて、確かに自分の生活で髭を剃るということは、出社が必要な会議だったり、プライベートな時間を楽しむ日なことに気が付きました。

大切な時間の始まりは気持ちよく迎えたいという思いから、少しこだわりを持った一生モノが欲しいという考えに変わり、今回、ミューレの「TRADITIONALクラシックレイザー」を購入したので紹介します。

使用して良かった点

  • 高級感があるので所有欲を満たしてくれる
  • 深剃りができる
  • 剃り心地が気持ちいい
  • 替刃が安い(1枚数十円前後)のでランニングコストを下げることができる

使用して残念だった点

  • とくになし

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • タイプ:替刃方式
  • 重量:69g
  • 素材:真鍮のクロムメッキ仕上げ

開封

今回、スタンド付きのセットモデルを購入しました。

外箱がシンプルでお洒落なので、友人へのギフトとしても喜ばれそうです。

同梱品については以下になります。

同梱品

  • 本体
  • スタンド
  • 取扱説明書
  • 替刃1枚

準備

特殊工具などは不要なため、簡単に分解できる構造になっています。

まずは替刃を取り付けるために、持ち手部分を手でクルクル回して分解します。

ホルダーの蓋をとります。

替刃を取り出して、ホルダーにセットして元に戻せば完成です。

刃の調整等の特別なことは不要で、セットすればそのまま使用することが可能です。

合わせて用意するもの

シェービングフォーム

シェービングをする際は、肌を傷つけないためにシェービングフォームが必要になります。

使用しているものについては、以下の記事でも紹介しているPROUDMENの「シェービングウォッシュ」です。

あわせて読みたい
最高の1日を切るためのPROUDMEN「シェービングウォッシュ」【レビュー】

先日以下の記事でも紹介しているミューレの「TRADITIONALクラシックレイザー」を購入したので、合わせてシェービングフォームを探していました。 ミューレ TRADITIONAL クラシックレイザー ...

続きを見る

替刃

使用していると刃の切れ味が悪くなるので、定期的に替刃の交換をする必要があります。

様々なメーカから替刃が発売されていますが、純正のものを使用しています。

 

使用した感想

切れ味が良い

クラシックレイザー(R89)にミューレ純正の両刃替刃(K1-20)を使用していますが、髭を剃る際にジョリジョリという心地よい音とともに剃れます。

ホルダーにセットする両刃替刃については、世界共通の規格になっているので、ミューレ以外にも「フェザー」や「DORCO」など様々メーカーから発売されているものを使用することができます。

そのため、肌質や毛質に合わせて自分に合った刃を選ぶことができます。

様々なメーカーの両刃替刃を試してみたいと思うこともありますが、カミソリ負けして肌を痛めていないことや深剃りができているので今のところは変更する予定はありません。

程よい重さと持ちやすさ

69gという適度な重さがあり、手で持った時の肌触りも良いので、触るだけで気持ちが高まります。

よく売られている5枚刃のものやT字カミソリだと軽さやグリップ力重視で、本体はプラスチック素材で持ち手部分にゴム素材が使われることが多いいですが、クラシックレイザー(R89)は真鍮のクロムメッキ仕上げのため、軽さやグリップ力では負けます。

ただ、プラスチックやゴム素材にはない真鍮独特の重量感・質感、触り心地については格別なものがあります。

この手に触れた時の独特な高揚感に包まれる感触については、実際に店舗などで触って欲しいところです。

分解清掃が可能

持ち手とホルダー部分で分解することができるので、清掃も簡単です。

週に1~2回しか使用しないので基本はそのまま水洗いして、簡単に拭いた後に自然乾燥させて終わりですが、月に1~2回や汚れが気になった際は分解清掃をするようにしています。

スタンドが高価

今回、スタンドがセットになっているモデルを購入しました。

シェーバー単体が6000円前後で購入できるのに対して、スタンドがセットになっているモデルだと11000円前後するので、単純計算でスタンドのみで5000円することになります。

正直、高いと思うのですが、質感やシェーバを収納した時の収まりは純正品だけあってよいです。

ただ、高価なので、サードパーティー製を購入しても良いと思います。

まとめ

電気シェーバーから、ミューレの「TRADITIONALクラシックレイザー」に買い替えをしましたが、剃り心地が気持ち良いので満足しています、

また、電気シェーバーだと電化製品なのでバッテリーの持ちや故障などありますが、TRADITIONALクラシックレイザーをシンプルな構造でアナログなので長く使用できることもお勧めできるポイントの1つです。

剃り心地もよいので、よかったら試してみてください。

-暮らしの物達
-