ガジェット

FILCOのキーボードスタンド(Majestouch BASE)を購入【レビュー】

FILCOのキーボードスタンド(Majestouch BASE)を一目ぼれで購入してしまいました。

最近は在宅で仕事をすることが多いいため、快適に仕事をするために今まで様々なテレワークグッズを購入してきました。

その中でも、今回購入したFILCOのキーボードスタンド(Majestouch BASE)は、質感や使い心地が良く買ってよかったと心から思えるくらい気に入りました。

Majestouch BASEは使用しているキーボードのサイズによって、3種類(300㎜、360㎜、440㎜)の3種類から選ぶことができますが、普段使用しているキーボードがMajestouch BLACK Tenkeylessのため、今回は中間サイズの360㎜を選びました。

あわせて読みたい
FILCOのMajestouch BLACK Tenkeyless(FKBN91MC/NFB2)を新しく購入【レビュー】

自宅で使用するキーボードとしてFILCOのMajestouch BLACK Tenkeyless(FKBN91MC/NFB2)を追加で購入したのでこの記事では紹介します。 選んだモデルは青軸の日本語配 ...

続きを見る

この記事では、Majestouch BASEを使用した感想や僕が普段からどのように使用しているかについて紹介します。

created by Rinker
FILCO
¥20,280 (2021/06/21 01:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

使用して良かった点

  • 高さや角度を自由に調整することが可能
  • 作りが頑丈なため、タイピングをしていてもズレたり動いてしまわない
  • 作りの精度が高く、質感が良いので長く使用することができそう
  • キーボードだけではなく、多目的な使用が可能

使用して残念だった点

  • ステンレス合金鋼なので、指紋などの汚れが若干気になることがある。(ブラックなどのカラーを選べると嬉しかった)
  • 価格が高い。(キーボードが買えてしまう。。)

仕様について

仕様については以下になります。

仕様

  • 300㎜仕様の場合:横幅 300×奥行き 250×高さ 79mm/1,690g
  • 360㎜仕様の場合:横幅 360×奥行き 250×高さ 79mm/1,910g
  • 440㎜仕様の場合:横幅 440×奥行き 250×高さ 79mm/2,230g

組み立て

購入してから2日後にシンプルな箱で届きました。

箱の中には以下の物が入っていました。

パッケージ内容

  • 天板
  • 滑り止め金具
  • 脚部パーツ
  • 高さ調節脚
  • シート類(クッション・滑り止め用)
  • 六角レンチ
  • 六角穴付きボルト
  • 取り扱い説明書

天板や脚部パーツには傷がつかないように保護シートが貼ってあるので、組み立てをする際には剥がす必要があります。

こういった小さい気配りが日本企業らしいと思いました。

組み立てはまず、付属の六角レンチを使用して、天板に脚部パーツを取り付けます。

特殊なネジではなく、一般的な六角レンチで取り付けることができる点が嬉しいポイントです。

その後は、高さ調節脚にクッション用のシール類を貼り付けます。

最後に脚部パーツに高さ調節脚を取り付ければ完成です。

僕の場合だと、約30分程で組み立てることができました。

パーツ点数も少なく、付属の説明書に細かく組み立て方法の記載があるので誰でも組み立てることは可能だと思います。

使用した感想

高さが丁度良い

Majestouch BASEを使用することで高さが約79mmほど上がるので、手首の角度が少しきついかなと思ったのですが、使用してみると手首がフラットになり、疲れずにタイピングをすることができるようになりました。

以下の記事でも紹介していますが、FILCOのリストレストを使用するだけでも快適でしたが、Majestouch BASEを併用して使用することによって、更に快適に使用することができます。

逆を言えば、Majestouch BASEとキーボードを組み合わせで使用する場合にはリストレストがないと、手首の角度がきつくなり疲れてしまうので、リストレストの購入は必須だと思います。

あわせて読みたい
FILCOの天然木を使用したリストレスト(Genuine Wood Wrist Rest)を購入【レビュー】

先日、FILCOから発売されている天然木を使用したリストレスト(FILCO Genuine Wood Wrist Rest)を購入しました。 仕事の関係で1日中パソコンを使用していることが多く、打鍵時 ...

続きを見る

ワンサイズ小さいキーボードでも使用可能

以前使用していたMajestouch MINILA-R Convertible(コンパクトサイズ)を今回購入した360㎜サイズのMajestouch BASEで使用するとiPhoneを置くスペースができます。

使い勝手は変わりませんが、ちょっとした小物やスマートフォンを置くスペースができるので、ワンサイズ大きいサイズを購入するのも有りだと思います。

精度が高い

価格はキーボードが購入できてしまうくらい高いのですが、製品の精度や作りは非常に高いです。

天板に脚部パーツを六角ボルトで止めた写真ですが、段差がほとんどなくフラットなので、引っ掛かりなどでキーボードを傷つけてしまう心配がありません。

その他にも重量があり、各部のパーツを複数のボルトで固定する設計になっているため、タイピング中に本体が動いてしまうことがなく、安定してタイピングをすることができます。

自由に角度や高さを調整することが可能

高さ調節脚を調整することによって高さを変えたり、角度を変えることができます。

僕は一番低いサイズ(79mm)で丁度よいため、とくに高さは変えていませんが、調整できる幅があるので使いやすと思います。

Apple Pencilの使用が快適

iPadで絵や文字を書く時にでも使用できそうだと思い、Majestouch BASEにiPadを置いて試してみた結果、丁度良い角度で使いやすいです。

上記でも記載していますがMajestouch BASEの重量が約2㎏あり、作りも頑丈なので多少力を入れても問題なく使用できます。

また、Apple PencilがMajestouch BASEに張り付くので収納に困ることやApple Pencilが転がってどこかにいってしまう心配がありません。

僕はあまりApple Pencilを使用していないので、この使い方はしていませんが、Apple Pencilをよく使用する方にもお勧めできると思います。

まとめ

Majestouch BASEは価格が少し高く、キーボードが購入できてしまう値段ですが、質感や作りが良く頑丈なので、長く使用できることを考えると少し無理をしてでも購入して良かったと思いました。

実際に使用すると手首の角度がフラットになり、長時間タイピングをしても疲れにくいので、在宅で仕事をすることが多いい僕にとっては無くてはならないアイテムの1つになりました。

個人的には指紋や汚れが少し目立ちやすいので、ブラックのカラーなどがあると面白いと思いました。

created by Rinker
FILCO
¥20,280 (2021/06/21 01:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

-ガジェット
-

© 2021 文系エンジニアの日常 Powered by AFFINGER5