書斎生活

アーロンチェア(クラシック)を中古で購入した理由と使い心地について

ここ2年程は在宅勤務が多くなり、少しでも快適に仕事をするためにそれなりに自宅の書斎に投資をしてきました。

中でも一番重要だと思っているのが、一日の中で最も座っている事が多いい椅子です。

ここ数年ほど、様々な椅子を試してきましたが最終的に辿り着いたのが本日紹介するHerman Millerのアーロンチェア(クラシック)でした。

アーロンチェアに辿り着く前に遠回りをたくさんしましたが、今までの椅子への投資資金を考えれば最初からアーロンチェアを購入しておくべきだったと後悔するくらいこの椅子は素晴らしいです。

この記事では、僕自身がアーロンチェアを中古で購入した理由と実際に使用して感じたことなどを紹介します。

これから、アーロンチェアの購入を検討している方の参考になればと思います。

アーロンチェア(クラシック)を中古で購入した理由

中古価格が安いので保証なしでも良いと割り切れた

現行モデルのアーロンチェア(リマスタード)のフル装備を新品で購入すると約20万くらいします。

新品で購入することのメリットとしては12年保証があり、保証期間内だったら無償修理が可能になります。

※中古で購入した場合や譲渡の場合は、12年以内に製造されたものであっても保証を受けられません。

新品で20万円かけて12年間安心して使用できるメリットはありますが、中古で購入すれば年式や状態にもよりますが、6万円前後で購入することが可能です。

約14万円の差を考えた時に壊れても割り切れると思ったことと、不具合が出てもパーツ単品で部品を購入できたり、分解するための情報なども公開されているので自分で修理できると思ったからです。

現行モデル(リマスタード)との差に魅力を感じなかった

実際に専門店で現行モデルのリマスタードと今回購入したクラシックを比較した際に、大きな変化を感じませんでした。

新旧の詳細な比較については、WEBで検索するとたくさん記事があるのでここでは紹介しませんが、細かい部分がアップデートされています。

また、リマスタードの方が全体的にシンプルでスッキリとしています。

価格差がないなら間違いなくリマスタードを購入するべきですが、新旧で大きく価格が変わるので今回は安く購入できるクラシックを選びました。

アルミニウムボディが欲しかった

アーロンチェアを購入するなら、アルミニウムボディにしたいと以前から決めていました。

理由としては、通常のブラックボディよりも高級感があり、存在感が有るからです。

新しいモデルのリマスタードでアルミニウムボディを購入すると約30万円前後するので、金額的に中古を購入するしかありませんでした。

使用して感じたこと

アームの調整幅が広い

以前以下の記事でも紹介しているAKRACINGのゲーミングチェア(WOLF)を使用していたのですが、アーム(肘掛)の位置が若干低くてタイピングする際に少し窮屈でした。

アーロンチェアの場合、アームの調整幅が広いので理想的な位置にすることができます。

アームの材質についても本革なので、触り心地が良くて気に入っています。

あわせて読みたい
テレワークのためにAKRACINGのゲーミングチェア(WOLF)とオットマンを購入【レビュー】

テレワークをする機会が多くなり自宅で過ごす時間が多くなったので、ゲーミングチェアとオットマンを購入しました。 初めてのゲーミングチェアなので何を購入するか迷ったのですが、今回はAKRACINGのWOL ...

続きを見る

タイピングをする時は前傾姿勢が良い

左側のレバーを操作することで前傾姿勢が可能になり、少しだけ前のめりの状態で作業を行うことや、リクライニングの固定を行うことができます。

リラックスする時は通常の背もたれの位置でリクライニングさせることができるので快適ですが、タイピングをする際は体が少し前傾姿勢になるので、通常の位置だと背もたれと背中が離れてしまいます。

レバーを操作し、背もたれを前傾させてロッキングさせることで、背もたれに背中を預けた状態でタイピングをすることができるため、猫背の状態を抑えることができました。

そのため、長時間作業した際の体の疲労感が少なくなりました。

高さや硬さを変えることができる

右側にあるレバーを操作することで、好きな高さに椅子を昇降することができます。

また、+と-のダイヤルを操作することで、背もたれに寄りかった時の反発の強さを変えることができます。

椅子の高さや背もたれの反発については、一度決めてしまえば毎回変える物ではありませんが、使用しているデスクの高さに調節したり、自分好みに反発具合をカスタマイズすることが可能です。

腰のサポート

ポスチャーフィットがついているので、深く腰を掛けた際に骨盤をサポートしてくれます。

ダイヤル調整することで、座った時の背もたれと背骨部分・骨盤部分の隙間を小さくすることができ、背中全体で体を支えることができます。

長時間作業をしていても蒸れにくい

座面と背もたれ部分がメッシュ構造になっており、通気性が良いので夏場に作業をしていても蒸れてしまうことがありません。

また、場所ごとに張りの強さを変えてあります。

端は張りを強くしてサポートするような役割になっており、真ん中は張りを弱めることで体が沈み込むように張りの強さを変えているため、座った時に体にフィットするようになっています。

所有欲を満たしてくれる

アーロンチェアを購入してからは、他のチェアが全く気にならなくなりました。

座り心地がよく快適に作業ができるのも理由の一つですが、これ以上のデスクチェアは存在しないという満足感からだと思います。

まとめ

使用していて一番良かったことが、長時間作業をしていても疲れないことです。

新品で購入すると20万円程掛かってしまいますが、割り切って中古でクラシックモデルを6万円前後で購入するのも選択肢として有りだと個人的には思います。

-書斎生活
-,