SEの仕事

現役SEがテレワークを実践して気が付いたメリットとデメリット

最近、働き方改革やコロナウイルスの影響でテレワークを導入する企業が増え始めました。

僕自身も数年前からテレワークをしていて、良かったこともあれば当然ここは改善が必要だなと思うことも多々ありました。

そこで、この記事では現役のシステムエンジニアがテレワークを実践してみて感じたメリットとデメリットについて紹介をします。

ちなみですが、テレワークとはtele (離れた所)とwork(働く)をあわせた造語です。

メリット

通勤が無い

自宅で作業ができるので、通勤をする必要がありません。

例えばですが、片道の通勤に1時間掛かっていた場合は往復で2時間分の通勤時間分を有効に活用することができます。

1週間テレワークを続けたら、10時間分の通勤時間を節約できるので今までできなかったことができるようになります。

例えばですが、時間を節約することにより以下の事ができます。

  • 資格の勉強
  • 家族との団欒
  • 趣味を楽しむ
  • 睡眠をとる

隙間時間を有効に活用できる

テレワークを行うことにより、昼休みなどの隙間時間を有効に活用することができます。

例えばですが昼休みなどの休憩時間に洗濯や掃除を済ませてしまったり、夕飯の準備を済ませてしまうことができます。

一般的な企業のお昼休は1時間前後だと思うのですが、その時間を有効に活用することで自由な時間を作ることができます。

場所にとらわれない

パソコンとネットワーク環境、スマートフォンがあればテレワークを行うことができます。

究極を言えば、自宅で作業を行う必要がありません。

僕の場合、機密情報などを扱うことがあるのでカフェなどのオープンな場所では作業ができませんが、実家やホテルなどのクローズドな場所だったらどこでも作業をすることができます。

そのため、場所にとらわれずに作業ができるポイントもテレワークの魅力です。

静かな環境で作業ができる

自宅などで作業を行うことにより、静かな場所で集中して作業を行うことができます。

どうしても職場だと人の声やキーボードの音などが気になってしまうことがありますが、自分だけの空間で作業をすることができるため、今やるべきことに集中することができます。

宅配の荷物が受け取れる

僕自身、食料品や日用品などをAmazonや楽天などのネットショッピングでよく購入するのですが、帰宅時間がいつも遅いため、休日しか荷物を受け取れない事が多々ありました。

そのため、コンビニ受け取りや置き配などを活用していたのですが、配達業者の中には対応していないこともあり、荷物を受け取ることが大変でした。

テレワークをすると日中の時間でも荷物を受けとることができるのですごく便利だと思いますし、配達の方にも迷惑をかけずに済むので助かっています。

デメリット

環境を整える必要がある

金銭面で言うとテレワークをするための、環境を用意する事が大変です。

職場で仕事をする場合は社内LANの中(クローズドな環境)でファイルのやり取りをするため、セキュリティ面では安心できましたが、自宅と職場内で通信が発生するため、セキュリティ面で不安が残ります。

一般的にはVPNなどでセキュリティ面を確保すると思うのですが、準備するのに多額な費用がかかります。

また、自宅環境についても作業机や椅子、モニターの準備などをする必要があるため、負担は大きいです。

自己管理が大変

自己管理も大変です。

職場だと上司が見ているプレッシャーなどから自分を奮い立たせて仕事をしますが、テレワークだと誰も見ていないので怠けがちになってしまいます。

そのため、今日はここまでやりきるという明確な目標を持って一日を過ごさないと、何も進捗が進まずに一日が終わってしまいます。

周りの状況が分かりにくい

プロジェクトで仕事を進めて行く中で、テレワークをしていると誰が何をしているかについての状況が分かりにくいです。

頻繁に電話をしてしまうと、相手の集中力を奪ってしまい迷惑になってしまうことがあるので、連絡の頻度が難しいところでもあります。

ZoomやSkypeなどのチャット機能を使用して気軽にコミュニケーションが取れるツールを有効に活用する必要があります。

私生活との区切りが分からなくなる

仕事を自宅で行うため、私生活との切り分けが難しくなります。

仕事をしようと思えば、休日等関係なしに一日中作業できてしまう環境があります。

そのため、今日は何時から何時まで仕事を行うと最初に決めてから業務を開始し、決めた時間以降はパソコンや仕事で使用するスマートフォンを開かないようにするなど自分自身で生活をコントロールする必要があります。

まとめ

テレワークをすることで自分の時間を有効に活用することができますが、自己管理能力が求められます。

そのため、始業前に本日のゴール地点を明確化してから作業を行うなど自分自身のコントロールが必要になります。

また、費用面でいうと自宅の作業環境を整えるために机や椅子などを購入する必要があったり、セキュリティ対策などをするために費用がかかります。

テレワークにはメリットもあれば当然デメリットもあると思うので、会社と従業員で話し合いを行いながら、お互いが幸せになるような方法を考えていく必要があると思います。

 

お問い合わせ

-SEの仕事
-

Copyright© 文系エンジニアの日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.